勉強してもあまり身に付きません!

本来株というのは、学問と同じで先生の下で習わないとならないものです。それぐらい難しいのです。

だから、勉強系教材は挫折します。どんなに頭脳明晰でも、勘所を求められるため半年はかかります。

私のトレード術は、勉強させません。回答だけを記述します。”なぜ”には、答えません。”なぜ”が気になる人は別の教材とセミナーに通って地道にやるのがいいです。

もちろん、最低限の”なぜ”には理由を述べます。ただ、理解しなくても良いです。答えだけ暗記すれば良いのです。

今回は、特別に無料で 「これだけは絶対やってはならないこと集!!」 を配布致します。

これだけでも、負けにくくなるかと思います。ぜひ、ご活用下さい。とても重要なことが書いてあります。

無料プレゼント
無料特典を読む

ギャンブル投資!?

多くの方は何となくのギャンブル投資をしています。勘の投資です。相場を張ろうとするのです。

ギャンブルとは数学的な期待値からトータルで負けることが決まっているものを指します。(親が勝つもの)
例えば、競馬、競艇、宝くじなどです。株は銘柄選定次第でギャンブル要素をかなり排除できます。
ギャンブルは勝つこともあるのですが、トータルでは大敗して、二度と相場復帰できないほど、完膚無きまでにやられます。相場は半端者にはとても厳しいです。

ギャンブルでは勝てません!
ギャンブル投資やっておられる方!
自分に限界を感じませんか?

期待感はもってはならない!

世の個人投資家は9割負けていると言われます。ギャンブル投資をしていることと、思惑を抱くためです。

「ここまで下げたら、もう上がるだろう」
「こんなに上がったんだから、もうそろそろ下げるだろう」
「毎日上がってるから、さらにもうちょっと上がるだろう」
と皆考えます。

ところが、株価はこんな思惑とは逆に動くんですね。不思議です。
自分が買うと下がり、売ると上がると感じませんか?
それで、資金を溶かし、機関投資家がそのお金を持っていくわけです。

皆さんは機関投資家を儲けさせてるだけです。

トレード術会得の難しさ

初めて株をやろうとされている方、
「株って難しそうだなー」
「覚えるまで時間かかりそうだなー」
と思いませんか?
私はこの勉強しないとできないというのを排除できないかと長年考えておりました。
誰でも、同じ結果が簡単に出せるようにしたいのです。

今まで、色々な教材を見てきましたが、簡単と謳っていても結局難しくて時間を要するものばかりでした。再現性が低いものばかりだと感じます。
内容は良いのに、自分のモノにできないというのが、大きな問題でした。
結局、勉強し続けて会得しないとならないので、途中で挫折する方が多数おられるわけです。

あるセミナーに出たときです。
個別に講師に質問したときに返ってきた答えがこれです。

「小難しいことも教えたいけど、
みんな混乱して理解できないから
言わないようにしてる」

つまり、肝心なことは対面でも教えにくいということです。
紙面ならなおさらです。
受験用の塾なんかと同じで、レベル別にクラス分けしないと適切なセミナーはできないのです。
このような質の低下は、平均的なレベルに合わせざるを得なくなり、
重要である難易度を上げたことが言えないのです。

トレード術の本質

そこで、私が出した結論は、
答えだけ教えればいいです!

テレビを観るのと一緒です。
だれもテレビがなぜ映るかの原理なんか気にしませんよね?
それと同じです。長い勉強をしないと原理なんか理解できません。

とにかく、勉強しようなんて思わないで下さい。

素直に私の短期トレード術に従ってください。
だれでもできるように、チェックリストと動画を提示しますので、それに従って探して下さい。
私が使用しているツールも全部教えます。

短期トレード術内容

内容ですが、
初心者のために少し基本的な部分と短期トレード手法を公開します。
ここで言う短期は、数日から2週間程度のスイングトレードです。デイトレではありません。デイトレは確かな師匠に弟子入りが必要です。

特徴・毎日5分のトレード
 毎日終値を確認して次の日注文を出します。日中の株価変動は見ません。
・銘柄選定はパッパとできます

本方法はテクニカル投資です。テクニカル指標を複数使用し、明確にサインを出します。本方法では以下が明瞭化されます。

・買いの株価
・売り(空売り)の株価
・どちらでもない休み(売買しない) ⇒他の教材ではほとんどない部分です。一番重要かもしれません。
・損切りの株価
・手仕舞い(売却)の株価
・大きな利益を狙えるパターンの紹介
・大暴落、大暴騰での大敗回避">

これらをチェックリスト方式で割り出します。
全て揃っていますので、売買で困ることはありません。
多くの勉強系教材はこれらを掴むのに多大な時間を要します。
中には、銘柄推奨サービスのように上記を指示してくれるものもありますが、
月額費がかかり、年間にしても数十万円はかかります。これも必要経費と考え、
この方法で良いと思う方は複数ある中で、これはと思う銘柄推奨サービスを選択すればよいと思います。ただ、外しまくるサービスもあるようですので注意です。">

でも、
・あまり、お金はかけたくない
・勉強系も嫌だ
・すぐに結果を出したい

と思う方は、ぜひ本方法をお試し下さい。

はっきり言って、自信有りの教材です! テキストも無駄にダラダラ長くならないよう、読みやすさに配慮しています。さらに、テキストだけではなく、動画でも実際のチャート分析ツールの設定方法から、銘柄選定、売買方法、手仕舞いまでを紹介しているため、細かいところまで理解できます。多くの教材ではいざやってみようとすると細かいところでつまったりすることがありますが、動画で示しますので、明日から真似してトレードできます!

19,800円

購入する

電話注文はこちら

VISA、MasterCard、銀行振り込み、コンビニ支払いなど、様々なお支払方法がお選びいただけます。※配送版の場合は別途送料+製本代合わせて2,300円が必要になります。
※代引きの場合は手数料として別途360円が必要になります。

内容 テキストPDF 69ページ 動画 52分 1.ツール設定方法 2.銘柄選定方法 3.買いから手仕舞いまで 4.空売りから手仕舞いまで 5.お宝暴騰暴落銘柄での利益拡大法

特典 サポート 180日間メールサポート。最新テキストに無料アップデート アップデートした場合、無料でアップデート版をメールで送らせていただきます。

商品お届けについて 【ダウンロード版の場合】決済確認後すぐにダウンロードが可能になります。 【配送版の場合】冊子については、決済確認日の翌営業日に発送いたします。 【ご注意】以下の場合は、お届けにお時間をいただくことがありますのでご了承ください。お届け先の入力内容に確認が生じた場合。ご注文が混み合っている場合。年末年始、ゴールデンウィーク、夏期休業など休業日が続く場合。

空売りを避けては勿体無いです

本方法は信用取引口座が必須になります。
空売りをするからです。
※空売りとは通常とは逆で、売りから入り、買いで終わる取引です。売りで株を借り、買いで株を返すという手法です。

空売りは必須です。下げているときに利益を得るためです。上げ相場では買い、下げ相場では空売りということです。
買いだけで勝ち続けるにはトレードできないことが多々あります。むしろ空売りの方が頻度は多いとお考え下さい。

よく、空売りは怖いと言いますが、確かに怖いです。。でもそれは、ギャンブル投資の場合です。手仕舞いをきちっとすれば、何も怖いことはありません。

相場はエネルギーで語られることが多いですが、上げと下げでは等しいエネルギーかというと違います。
下げの方が少ないエネルギーで下げます。つまり、よく下がります。
重力が働いてると思って頂ければ、わかりやすいです。
上げには重力がある分、相応のエネルギーが必要となります。ですので、下げで儲けることが株式相場では重要です。つまり、空売りが重要です。

短期より長期が好きという方

投資の王道は長期投資だ!と思っていませんか?
個人の投資スタイルとリスク許容次第です。

・長期投資が向いている人資金に余裕がある人(寝かせる余裕がある)
ファンダメンタルズ分析がきちっとできる人

・長期投資のリスク数年後に上がるとは全く限らない。リーマンショック等の大暴落に見舞われることがあるため、相当な安値で仕込んでいないとならない。
(買い場が思ったより難しい)
倒産リスクもある。
(以前のJALや最近ではSkymarkなど)

また、よくある投資スタイルで、2倍、3倍になるのを期待して探すというのもありますが、大概失敗します。
失敗する人は皆化けるのを期待してマザーズやジャスダック銘柄を買うのです。
これでは失敗します。まさに博打です。
短期に利益を積んでいくトレードでは数%の動きだけでよいのです。
化ける必要はありません。

大暴落も事前にわかります。また、暴落では空売りすればよいだけです。では、中期トレードはどうか?(ここで言う中期は1年以内。)

中期トレードもチャートでは読みにくいです。よく年始に年末株価はいくらになるかという予想を多くのアナリストが発表しますが、かなり外します。
1年後株価は、国内経済状況、世界経済状況、突発的リスク(戦争やテロなど)を織り込んで形成されるものですので、予想はギャンブルのような読みしかできません。

その反面、短期はテクニカルが機能しやすいです。明日の株価と1年後の株価どっちが予想しやすいですか?
明日ですよね。
日々、チャートを追っていくので、それに合わせて、売買するだけです。
難しくありません。

私の投資経験

話は変わりますが、、

私の投資暦は15年ですが、多くの経験をしました。
信用取引の追証に終われ、何度も窮地に陥りました。大きい含み損のせいで新たな売買ができず、追証になりかけては、損切りるというのを繰り返していました。
毎日苦しくてしょうがなかったです。ご他聞にもれず完全に負け組みでした。そこで、どうすれば勝てるのかを必死に勉強し始めました。本やセミナーなどで勉強を積みました。負けてたかこそ今があるとも感じています。

セミナーなどに出ますと、周りは50代以上が圧倒的に多かったのが印象的でしたが、同時に感じたのはこの人たちは勉強慣れしていないなーと毎回思いました。
とにかく何でもメモして、色々な色のペンで線を引くのです。

はっきり言って、どこが重要なのかもわからないテキストを作っている感じでした。
せっかくのセミナーでも手法を会得できていない感じでした。質問コーナーでの質問内容でわかります。初歩的過ぎたり、的外れなことを言うのです。

また、重要でもありますが、パソコンがうまく使えないようでもありました。
この人たちからは、勝てるようになる感じを全く受けませんでした。
せっかく良い内容のセミナーでも生かせないのです。また、年齢も関係あります。
若年ほど吸収がとても早いし、理解が深いです。

しかし、やる人たちは中年以上なのです。
中年以上では絶対に若年者に勉強では勝てません。

はっきり言って、本もセミナーも自分のモノにするにはそれ相応の経験が必要でした。多くの人がその過程で挫折するのです。
一つ一つのルールは単純でも合わさるとかなり複雑になるのです。

そこでいつしか、勉強が苦手でもできないものかと考えるようになりました。
そして、辿り着いたのが、
”勉強なし”にしちゃえばいい
です。

簡単なチェックリストだけで銘柄選定と売買ができるようになれば、誰でも勝てると思い、その方法を考え続け、ようやく本教材に至りました。
ですので、一人の脱落者も出さないというのが、本教材の目標です。
セミナーなど必要ないのです。

セミナーを必要とするものは、紙面だけでは伝えきれないから開催されているのです。
私のは紙面のみで誰でもできるように、全て定量的に記述しています。
ほとんどの教材は本質の部分では定性的なのです。
だから、感覚を求められ、

その分長期的な経験値が必要になっているのです。
私のは、読むだけで誰でも再現可能です。

月利6.7%

では、本方法での利益目標はどのくらいかということだと思います。
月利6.7%以上です。具体的な価格は投資額次第ですので、そろばんで弾いて下さい。

私は、いつも50万円を目指しています。十分過ぎる生活にはこれぐらいでよいです。
いきなり、100万円とか目をギラつかせないことです。

また、シミュレーションでは、過去5年分100銘柄を確認したところでは、
勝率78%でした。
塩漬けなどしないで、本方法の損切りをすると大勝と言えると思います。
十分なパフォーマンスです。

長期投資で5年後に株価が3倍になった場合と、私の掲げる月利6.7%で
投資金額750万円(1銘柄250万円×3銘柄)なら、なんと48倍になります!3倍と48倍では相撲になりません。圧倒的な差です。

もちろん、これは理論の話ですので、このままとは言えませんが、
複利効果で戦う短期トレードの方が圧倒的に有利だというのはおわかり頂けると思います。

短期で利確していく方が、資産も少しずつ実際に増えていきますが、
長期の場合は、数年後に利確してやっと増えるということですので、より一層保障がないわけです。複利効果で少しずつでも現金が増えていくのは、精神的にもかなり良いです。

トレードは精神状態がかなり重要です。
長期トレードでは含み損を抱えることも多いと思われますが、含み損をずっと堪えるのはかなり苦しいです。寝ても覚めてもため息ばかりです。仕事も手が付きません。

長期投資の王道はウォーレン・バフェットのように、割安で成長期待がある銘柄を選ばないとなりません(ファンダメンタルズ分析)。

これは単純なようでとてもとても難しいです。私もやってみようとしたことがありますが、結局何をしたらいいのか全くわからず、企業のホームページを見ただけでした。
成長期待なんかどうやって調べたらよいかわかりますか?
勘でしかないとは思いませんか?

「これからはロボットが普及していくはずだから、ロボットメーカーがいいだろう」
といった具合のことしか思えないのです。とにかく、私には無理だと思いました。
ウォーレン・バフェットは一人でやっているのでなく、企業として成長性を調べ上げているのです。個人でできるわけありません。

売上、営業利益、経常利益等だけでは、ボンヤリとしかわかりません。
成長し続けるかどうかは、確かなビジネスモデルでさらに市場を圧倒的に支配しているや、ニッチで他社参入が難しいなどでないと言えません。

今回は、特別に無料で 「これだけは絶対やってはならないこと集!!」 を配布致します。

これだけでも、負けにくくなるかと思います。ぜひ、ご活用下さい。とても重要なことが書いてあります。

無料プレゼント
無料特典を読む

本トレード術は、”勉強なし”としていますが、気になる方もいると思いますので、説明はちゃんとしております。

ただ、読み飛ばしてもよいとしています。テキストだけではなく、動画でも実際のチャート分析ツールの設定方法から、銘柄選定、売買方法、手仕舞いまでを紹介しているため、細かいところまで理解できます。明日からトレードできるようにしております。

19,800円

購入する

電話注文はこちら

VISA、MasterCard、銀行振り込み、コンビニ支払いなど、様々なお支払方法がお選びいただけます。※配送版の場合は別途送料+製本代合わせて2,300円が必要になります。
※代引きの場合は手数料として別途360円が必要になります。

内容 テキストPDF 69ページ 動画 52分 1.ツール設定方法 2.銘柄選定方法 3.買いから手仕舞いまで 4.空売りから手仕舞いまで 5.お宝暴騰暴落銘柄での利益拡大法

特典 サポート 180日間メールサポート。最新テキストに無料アップデート アップデートした場合、無料でアップデート版をメールで送らせていただきます。

商品お届けについて 【ダウンロード版の場合】決済確認後すぐにダウンロードが可能になります。 【配送版の場合】冊子については、決済確認日の翌営業日に発送いたします。 【ご注意】以下の場合は、お届けにお時間をいただくことがありますのでご了承ください。お届け先の入力内容に確認が生じた場合。ご注文が混み合っている場合。年末年始、ゴールデンウィーク、夏期休業など休業日が続く場合。

Q&A

Qパソコンは必要か?タブレットやスマホでも良いか? Aパソコンが必要です。銘柄選択のツールはパソコン版が主流です。また、最低限のパソコンスキル(ネットサーフィン程度)も必要です。
Q信用取引口座は必要か? A必要です。空売りするには信用取引口座が必要なのと、数日トレードでは、資金の回転が必要なためです。現物取引では4営業日必要なので4営業日未満でのトレードを繰り返せないからです。
Q必要資金はいくらか? Aできれば、250万円。最低70万円。これは信用取引でのレバレッジ(3.3倍)を効かせて200万円程度(70万円×3.3倍)にするためです。200万円程度あれば、ほとんどの銘柄の購入が可能です。複数銘柄購入のためには、750万円(250万円×3.3倍) ぐらいあると良いです。
Qお勧めの証券会社はどこか? A当然ですが、手数料と信用取引の金利が低いところです。具体的な社名は教材内で紹介しています。
Q毎日トレードをしないとならないですか A終値だけチェックして下さい。それによって、売買注文を次の日の始まる前までに出しておいて下さい。寝る前に完了できるということです。
Qもっと大きな利益がほしいのですが? A株価は強いトレンドを描くことがあり、その流れに乗る方法もご紹介しますので、チャンスはあります。
Q損切りをしないで、塩漬けは駄目なのか? A機会損失がとてもとてもとても大きいです。塩漬けは通常年単位になるのがザラです。この間に小利を積み上げた方が圧倒的に良いです。さらに精神的にも良いです。投資は精神戦とも言えます。

最後に

投資はリスクを伴いますので、リスクを最小限にコントロールし、利益は最大化するのが、本来の投資と言えると思います。私の方法でぜひ実践してみてください。教材代はすぐにペイできるかと思います。

利益の追求はある意味欲であると思います。欲でルールを忘れることがあると思いますが、堪えるところです。自分を律しながらも淡々とロボットの用にトレードして下さい。結果を得られることをお祈りしております。

投資に係るリスクおよび手数料について当サイトで提供している情報の内容の完全性、正確性、有効性などを保障するものではありません。信用取引は価格変動のリスクを伴うため、場合によっては損失を被る可能性があります。また、信用取引には取引業者の売買手数料がかかります。